結婚指輪 3石

結婚指輪は石あり?石なし?

結婚指輪を仕立てる時に、意外に石(宝石)の無いシンプルな指輪を選ぶケースが多いようです。
その龍は火事の際に食器に石が当たって傷ついたり、石そのものが傷つくのが嫌なのだそう。
また、何かの拍子に石が外れて無くなってしまうこともあるため、リングのみのシンプルなデザインを選ぶカップルがたくさんいるみたいです。
ただ、 そうは言ってもやはり、宝石の輝きのあるきれいな指輪が欲しいという意見もあります。

ダイヤが3石のスリーストーン

結婚指輪の中でもオーソドックスで人気のあるデザインは、ダイヤを一粒だけ装飾したシンプルなデザインリングです。
ですが、最近では、スリーストーンというダイヤを3石装飾したデザインのリングが人気のようです。
豪華なデザインですので、結婚10年目などの記念日に贈る指輪として最適のアイテムとなっています。

スリーストーンリングのダイヤの大きさは?

スリーストーンリングは、中央に埋めたダイヤは大きく、両サイドのはそれより小さく左右対称なのが一般的なデザインです。
カラットはあまり大きすぎると、家事がしにくくなるので、普段から身につけるのであれば小さめのダイヤモンドを選んだ方がいいです。
またダイヤが大きすぎると、仕事がら身に着けにくくなる人もいるので、その辺りを考慮して指輪を選んだ方がいいでしょう。

ダイヤの装飾も自由デザインの手作り指輪サービス

手作り指輪工房で作る指輪は、リングの素材を選べるだけではなく、ダイヤモンドやルビーサファイアなど、宝石の種類、大きさ、質などを選んで装飾することができます。
装飾する宝石によって、見積り金額が変わりますが、ハイブランドの指輪よりかは安く仕立てることが可能です。
結婚記念日などで贈る、フルエタニティリングやハーフエタニティリングなども、手作り指輪で作ることができます。
お店によってサービスの内容が違いますので、まずは手作り指輪について調べてみるといいでしょう。