おすすめな結婚指輪のデザイン

結婚指輪のデザインは悩む

手作りで結婚指輪を用意する際、最も悩むのはデザイン面です。

オーダーメイドのものなら好きなデザインの指輪を作ることができますが、自由なデザインであるからこそ、余計に悩んでしまうものです。

では結婚指輪のデザインは、どうすれば良いのでしょうか。

デザインを考える上での、ヒントについて取り上げます。

結婚指輪デザインのパターン

結婚指輪のデザインには、パターンがあります。

そもそも結婚指輪は日常的に身につけるものです。

いつでもどこでも身に着けられるよう、結婚指輪のデザインはシンプルなものがほとんどです。

シンプルなデザインになっていれば、パーティーでもビジネスでも身につけることができます。

また独身時代にアクセサリーをあまり身につけたことがない人でも、シンプルなデザインの指輪であれば、抵抗なく使えるのも大きなメリットです。

デザインパターンの1つが、アームラインです。

特に人気があるのは、指輪の形が真っ直ぐになっているストレートタイプです。

変化をつけたいのなら、指輪が波状のシルエットになっているウェーブラインもおすすめです。

王道デザイン

結婚指輪のデザインで人気が高いのは、王道デザインです。

特に人気が高いのは、プラチナの細身デザインの指輪でしょう。

値段も、他デザインの指輪と比べると安いのも大きなメリットです。

王道デザインにすると、飽きが来ることはありません。

何十年も身につけることを考えると、王道デザインに人気が出るのはわかります。

また刻印などの独自のアレンジをきかせれば、世界に1つしかない結婚指輪となってくれるでしょう。

超個性的なデザイン

超個性的なデザインも、人気がじわじわ高まりつつあります。

そもそも「結婚指輪はこうであらなければならない」という、絶対的なルールはありません。

例えば2人共黒色が好きでたまらないのなら、黒い結婚指輪にするのもアリです。

重要なことは、2人でこれからどんな人生を歩みたいかです。

人生の目標が見つかれば、自ずと結婚指輪のデザインも思い浮かぶでしょう。